Handy戯画ナカでもいいよね。

どうしてわたしはここにいるんだろう。
「挿入してほしい?」
再びすでに乙女のアソコはぐちゅぐちゅに濡れてあり、速く挿入してほしいと迫る様にひびがパクパク開いている。でも少年は強敵入れようとせず、
「奴のお子さんちん○じゃさっぱり物足んなかったんじゃないの?ねえ?厚くて長あいオトナチン○で突いてくださいってゆってみてよ」
そんなふうにいって焦らす。乙女は面持ちを真っ赤にして、言いたくても言えずに黙ってある。それを見て少年はひびに物品を置き、
「あ――これはこれで清々しいね。こいつ挿れたら二度ときもちいーって罹るよ。わかるでしょ?」
「あ……♡んんっ♡」
甘口なニュアンスが主人の頭の中を調整し、蕩けさせて行く。再び我慢の視界が近づいていた。
――言っちゃいけない。でも……。
――亭主は乙女・由菜を以前に犯したパートナー。トラウマを与えたパートナー。そして、
「うわ、オレ、初チュー恐ろしい。たっぷりやわらかい。やばい……でも由菜正しくチューマジうれしー!」
脳内に浮かぶのは由菜の主人、タケシとキスした時の事項。実に亭主は喜んでいた。
でも今はタケシではなく、違う旦那に抱かれてある。しかもその旦那はタケシの兄だった……。
読物作品はダディースペック作品。
依然完結していない連載インサイドのラブストーリー。
由菜はタケシと付き合ってはいないものの、親友上記彼内の人付き合い。しかし亭主が引越す事項になり、キスしてしまう。そこまではよかった。だが由菜はかつてあたしを犯した旦那と再会してしまう。その上亭主はタケシの兄であり、再び亭主に……。
という筋道ですね。いわゆる寝取られ物品です読物作品。しかも抱かれるパートナーが主人の兄であり、初恋のパートナー、加えて必ずあたしを犯した旦那という……そういうパートナーと再会し、またヤる事項に患う由菜くんの高みはどんなものなのでしょう。
読物作品はエッチ要因が全面的に出ていますが、さすがラブストーリー的現状も著しく、今後の拡張がどうして繋がるかも甚だしく特長です。うん、だってタケシもタケシの兄も北海道へ引っ越してしまうから。じゃあ由菜くんは誰と講じるの?
という問い。勿論未だに申し立ては終わっていません。却ってやがてともいえるでしょう。しかも由菜くんはタケシの兄にされめくり、発情しっぱなしの淫乱ボディになっていると言うのに……!?
正邪一度、試用を読んでみてください!後悔しない出来栄えだ!
広島市の興信所